キレイになりたい女の子のための情報サイト
Cinderella Girl
INDEX
シンデレラトップ
シンデレラガールインタビュー
若返り!シンデレラ
美人進化論
キレイランキング
目指せ!モテガール
-
-
-
美人進化論 vol.7 紫外線だけではない、シミ・ソバカスの原因
-
トップ > バックナンバー > 美人進化論 vol.7

シミやソバカスの原因として、まっさきに挙げられるのが「紫外線」。たしかに、紫外線を多く浴びると肌のメラニン(肌の基底層に存在する色素細胞)が増殖し、色素沈着を起こしやすくなります。が、シミ・ソバカスができる原因は、紫外線の他にもさまざま。しかもそれらは、私たちにとって非常に身近なものばかりです。それでは、日常生活とシミ・ソバカスのできるメカニズムには、どのような関係があるのでしょう?
-
シミ・ソバカスの原因&種類を正しく知ろう
-
“メラニン”は悪者じゃない!?
イラストちょっと意外かもしれませんが、メラニン本来の役割とは「紫外線を吸収・散乱し、肌を紫外線から保護すること」。メラニンを生成する細胞・メラノサイトは紫外線の影響などにより活性化しますが、肌のターンオーバーが正常であれば、役割を終えたメラニンは垢となって排出されます。
-
しかし、さまざまな要因でターンオーバーが乱れると事態は一転。メラニンの排出が滞るため、結果的に色素沈着を起こしてシミになってしまうのです。
-
日常生活に潜む、シミ・ソバカスの原因
イラストシミ・ソバカス対策の重要キーワードが「活性酸素」。酸化作用が非常に強い活性酸素には「メラノサイトを活性化させる」という厄介な働きがあり、活性酸素が発生する要因は、イラストにあるように日常生活に潜んでいるのです。
-
その他、「ニキビや湿疹・虫さされ痕の色素沈着」「ナイロンタオルなど物理的刺激による色素沈着」「血行不良によるターンオーバーの乱れ」などが挙げられます。今現在、特にシミ・ソバカスのお悩みがないという人でも、これらの項目に心当たりがあれば即改善を。
-
代表的なシミ・ソバカスの種類
- - -
肝斑(かんぱん) ソバカス
写真 左右対象に長く広がる褐色の色素斑で、輪郭がぼやけているのが特徴。頬骨の上・額・エラの上にできやすく、紫外線のみならず、女性ホルモンのバランスや内分泌機能と関係があるともいわれています。 写真 両頬や鼻の上に、米粒〜アズキ大の茶色い斑点が多く現れるもの。色白の人に多く、また遺伝性が高いといわれています。紫外線の影響により夏は茶色が濃くなり、冬には薄くなります。
-
老人性色素斑 老人性ゆうぜい
写真 メラニン沈着が原因のもっとも多く見られるシミ。30歳代以降、加齢に従い増加します。日光に当たりやすい箇所(頬骨・こめかみなど)に多発し、濃い茶色とはっきりした輪郭、平たい形が特徴。 写真 加齢に伴って現れる、褐色〜黒色の丸いイボ。老人性色素斑が盛り上がってできるケースが多く、まれに悪性化することがあります。脂漏性(しろうせい)角化症ともいいます。

その他、火傷などの炎症が痕になる「炎症性色素沈着」、先天性もしくは思春期に発生しやすい「扁平母斑」など。
●●●
※以上に挙げたシミ・ソバカスの特徴は、あくまでも目安です。正しく知りたい方は、自己判断ではなく専門医の診察を受けることをおすすめします。
-
-
-
シミ・ソバカスを今すぐ消したい!〜施術例〜
-
大きい、または広範囲に広がっているシミ・ソバカスも、レーザーや薬(もしくは両方を併用)による治療でかなりの改善が期待できます。施術方法は皮膚科の専門医と相談の上で決定しますが、いずれの治療も入院の必要がなく、トライしやすいのが大きな魅力。また「肌全体の美白効果」「キメの改善」といった嬉しいメリットもあります。
-
顔中のシミ・ソバカスがキレイに消えた! - コスメとは違う、医薬品ならではの効果
写真
比較的新しいシミ・ソバカスは「ケミカルピーリング」で除去できますが、年月を経たものには「レーザー照射」や「外用薬」を用います。レーザーは“濃色の色素細胞”にのみ反応してメラニン色素を破壊する種類を用い、1回〜数回の照射で除去します。同時に、メラノサイトの働きを抑制する「ハイドロキノン」配合のクリームを併用し、健康な白肌へ導きます。
写真
シミ・ソバカスの治療には、症状に合わせた多様な方法があります。中でも高い効果が期待できるのがビタミンA(レチノール)誘導体の外用薬「トレチノイン」。肌のターンオーバーとメラニン色素の排出を促進する働きをします。そのため、シミ・ソバカスの他、シワやニキビの治療にも使われています。
-
●●●
※薬の塗り方やスキンケアは、医師の指示に従って行います。
※実際の治療には個人差があります。
診療内容一覧「肌」のページ
-
-
-
白肌の敵「活性酸素」はこうして撃退!
-
現代社会が、シミ・ソバカスに大きく関わる「活性酸素」の発生しやすい環境であることは先に述べたとおり。そこでクローズアップされるのが、活性酸素を撃 退する「抗酸化物質」。本来、抗酸化物質とは体内で作られるものですが、年齢とともに生成能力が減少するため、食品で補う必要があります。
-
オススメ!抗酸化力の高い成分&食物
ビタミンC   緑黄色野菜や果物(ブロッコリー、小松菜、パセリ、ゴーヤ、レモン、キウイ、イチゴなど)
β-カロテン 緑黄色野菜(ニンジン、キャベツ、なす、ほうれん草、トマトなど)
ビタミンE ナッツ類、豆類、穀類(アーモンド、ひまわりの種、大豆食品、小麦胚芽、ごまなど) イラスト
亜鉛 魚貝類(カキ、ワカメ、煮干、昆布、ひじきなど)
セレン 香味野菜、卵(ニンニク、玉ねぎ、卵など)
●●●
以上、抗酸化物質を多く含む食品を紹介しました。日常の食生活に無理なく取り入れるコツは、神経質になりすぎないこと。紫外線対策やスキンケア全般についても同じことがいえますが、完璧を目指そうとすると逆にストレスを溜めることになってしまうので、マイペースで続けてみてね!
-
-
-
-
-
counter