Cinderella Girl

INDEX

シンデレラトップ

シンデレラガールインタビュー

若返り!シンデレラ

美人進化論

キレイランキング

目指せ!モテガール

美人進化論 vol.15 シャープなアゴで小顔美人に!

トップ > バックナンバー > 美人進化論 vol.15

日本では昔から「卵型の輪郭が理想的」とされていましたが、最近のタレントやモデルには、キュッと尖ったアゴを持つ“小顔美人”が目立ちます。洋服やヘアスタイルがキマりやすいため、シャープな輪郭に憧れる女性は多いようです。

小顔美人は、アゴ先美人
-
「美人の条件」というと、ハッキリした目鼻立ちを思い浮かべますが、“パーツを取り囲むフェイスライン”も、同じくらい重要なのです。中でも注目は「アゴの形と大きさ」。丸くて小さいか、シャープに尖っているか、ほんの少しのニュアンスでも、印象は大きく変わります。

小顔効果を生む“顔の縦ライン”

洋服で着やせ効果を演出するには、柄やシルエット、デザインなどで、縦のラインを作ることがポイントだといわれます。実はこれ、顔についても同様。縦ラインを強調するパーツはズバリ「アゴ」。

アゴの形のみ違う女性のイラストを対比させると一目瞭然!小さいアゴは横幅が強調された丸顔の印象ですが、キュッと尖ったアゴの場合は「ほっそり小顔」に印象が一変。Eライン(※注)も整って、横顔も魅力的に見えます。

イラスト※Eライン
鼻とアゴの先を結んだ線のこと。Eラインに唇が軽く触れる程度が理想とされています。
イラスト
-
子供顔 or 大人顔、印象はアゴで決まる!

アゴの形は「子供っぽい」「大人っぽい」というイメージも左右します。「子供顔」は、アゴが小さく横幅や丸さが強調された顔立ちが特徴。大人になってもかわいらしい印象です。反対に、高い鼻やしっかりしたアゴなどメリハリのある骨格で縦ラインを感じさせると「大人顔」になります。

しかし、面長顔やしゃくれたアゴは「顔の縦ライン」が必要以上に強調されてしまい、老けて見られます。アゴがキュッと出ていれば良い、というわけではなく、全体のバランスが大切なのです。

イラスト
-
-

アゴ先を整えて、小顔をゲット!   〜施術例〜
-
足りないアゴを補うには、「シリコン製のプロテーゼを埋め込む」もしくは「ヒアルロン酸注入」の2つの方法があります。特に、ヒアルロン酸注入は、メスを使わず気軽に印象を変えられるため、ブライダルなどの前にトライする人も増えています。メリハリのあるフェイスラインは小顔に見えるだけではなく、イキイキとした表情も演出しますよ。

“アゴなし”の悩みを解消、横顔美人に! - アゴ先を出して、シャープな大人顔に変身!
写真

横から見てアゴがほとんどない人も、ヒアルロン酸注入でキュッと尖ったアゴ先を作ることが可能。ヒアルロン酸は人間の体内に存在する保湿成分で、アレルギーの心配はありません。施術は5〜10分と短時間で入院の必要もないため、気軽に受けることができます。

※上記写真はオトガイ形成術の上、アゴ先にヒアルロン酸を注入。
写真
アゴが小さいと、顔が丸く子供っぽい印象になりがち。骨格からアゴを整えたい場合はプロテーゼを入れる法がおすすめです。シリコン製のプロテーゼは柔らかく加工がしやすいため、その人の顔立ちに合わせた形や大きさで挿入することが可能です。また、施術は口の中から行うため、傷跡が目立つ心配もありません。

●●●

※実際の治療法には個人差があります。

診療内容一覧「輪郭(短い、小さすぎるアゴ)」のページ

-
-

“小さいアゴ”がカラダに及ぼす悪影響
-
これまでは「アゴが小さいと顔が大きく見えてしまう」など、主に視覚的な面からアゴのお話をしてきました。しかし、小さなアゴは、カラダにも数々の悪影響を及ぼす場合があるのです。今回は、特に多い2つのケースをご紹介します。

歯が収まりきらない!?

アゴの発達度合いは、幼少期の食生活が大いに影響しているといわれています。最近の子供は、柔らかい食べ物が多いため噛む機会が減ってきているとか。したがってアゴの発達も弱く、「歯が収まるスペースが足りない=歯並びが悪くなる」という傾向が強まっているそうです。

歯並びが悪いと、大人になってから矯正する際、何本か抜歯しなくてはならないケースもあります。

イラスト

男女を問わず、イビキの原因に

イビキといえば「男性に多い」と思われ がちですが、男女を問わず「アゴが小さい人」に多く見られます。

理由は、舌がアゴに収まりきれず、喉の奥に落ち込んで気道を狭くしてしまうから。睡眠時に気道の壁が閉じてしまい、一時的に息が吸えない状態(睡眠時無呼吸症候群)になる人も1〜2割の確率でいるそうです。

睡眠時無呼吸症候群は、昼間の眠気や慢性疲労、血圧の上昇、頻脈、不整脈などを併発するのが特徴。最近では検査・治療してくれる医療機関も増えています。

イラスト

●●●

アゴのラインのもたつきは、表情とも関係があります。口元が「へ」の字になっていると、顔の重心が下がって見えてしまうので、口角をキュッと上げるように意識してみて!

-
-

counter