Cinderella Girl

INDEX

シンデレラトップ

シンデレラガールインタビュー

若返り!シンデレラ

美人進化論

キレイランキング

目指せ!モテガール

美人進化論 vol.19 ワキの汗やニオイを抑えるには?

トップ > バックナンバー > 美人進化論 vol.19

汗をかくと気になるワキの汗やニオイ。最近はさまざまな種類のデオドラント製品が売られていますが、“ワキガ”の人には何らかの治療が必要。しかし「病院へ行くのが恥ずかしい」という心理的要因や「汗のニオイを消せばよい」という誤解などから、ひとりで悩んだり、間違ったケアをしてしまいがちです。

“汗”そのものは、ニオわない!?
-

大量に汗をかいてもニオイが弱い人、軽く汗ばんだ程度で強くニオってしまう人……実は、どちらのタイプも汗の成分は同じ。汗、特にワキのニオイは、汗そのものというよりも「アポクリン汗腺」や「雑菌」などの仕業なのです。

汗やニオイが出るしくみ

汗は、カラダの表面にある「汗腺」から分泌されます。汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類がありますが、体臭に関連するのはアポクリン汗腺の方です。

その理由は、エクリン汗腺から出る汗のほとんどが水分なのに対し、アポクリン汗腺から出る汗は、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含んでおり、雑菌の温床になりやすいからです。

イラスト

- 皮脂腺 エクリン汗腺 アポクリン汗腺
どこにあるの? 全身に分布し、毛穴と出口が同じ。 ほぼ全身に分布。 ワキの下、へそ周り、耳の穴、乳首、性器、肛門周辺などの特定部位に分布し、毛穴と出口が同じ。
どんな役割? 皮脂として、肌を保護するための油脂成分を分泌している。 暑さを感じたり運動をしたときなど、主に体温を調節するための汗を分泌。ニオイはほとんどなく、99%が水分で構成されているためサラサラしている。 タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含む粘度の高い汗を分泌する。フェロモンと関係ありといわれているが、詳しくは分かっていない。

汗そのものは無臭ですが、表皮に存在する雑菌がアポクリン汗の成分を取り込んで分解すると、悪臭物質に変化してニオイが発生するというわけです。また、毛穴の中にある「皮脂腺」も、脂肪分の多い食生活で分泌異常が起こると、体臭の原因になることがあります。

-
-
ワキガは治る? 〜施術について〜
-

ワキガの原因って何?

ワキガの人には「通常よりもアポクリン汗腺が多い」「皮脂腺が発達している」「ワキ毛が濃い」などの特徴がよく見られます。

これらの特長には遺伝も関係していますが、動物性脂肪の過剰摂取も原因のひとつ。食生活に心当たりがあれば、低脂肪を心がけることで若干改善するケースもあります。

しかし、そもそもワキガのニオイは、アポクリン汗腺が根本的な原因。ニオイがどうしても気になる場合は、手術でアポクリン汗腺を除去することもできます。

イラスト

ワキガの治療法は?
ワキガ治療で多く行われている方法をご紹介します。
アポクリン汗腺ごと除去する - ボトックス注射(R)で汗を出にくくする
ワキの下の皮膚を3〜4cm切開し、アポクリン汗腺を実際に目で確認しながら取り除きます。局部麻酔をするので痛みはほとんどなく、治療後アポクリン汗腺は再生しないので、ワキガ治療としての効果は非常に高いといえます。 ボトックス(R)をワキの下に注入すると汗腺の活動を抑制できるため、汗量やニオイの軽減が可能になります。
個人差がありますが、半年〜1年ほどは効果が持続。注射を打つだけなので短時間で済むことも魅力です。多汗症(ワキガではないが汗の多い)の人にもオススメ。

※実際の治療には個人差があります。

-
-
ニオイ対策“お手軽”グッズ&テクニック
- ワキガの人でなくても、夏場は汗のニオイが気になるもの。だけど嬉しいことに、ニオイを抑えるテクニックは意外と手軽なものばかり。自分に合う方法を見つけて、毎日の習慣にしちゃいましょう!

対策1 拭き取りシートや清浄綿で拭き取る
汗のニオイ対策は、雑菌の繁殖を防ぐことが基本。汗をかいたら拭き取るように心がけましょう。市販の拭き取りシートや、肌が弱い人は清浄綿(ドラッグストアで入手可能)がオススメです。

対策2 ミョウバン水で汗やニオイを抑える
ミョウバンは漬物によく使われる食品添加物のこと。水に溶けると酸性になるため、雑菌の繁殖を抑制する効果があります。薬局やスーパーで入手可能です(数100円程度)。ミョウバンと水を1:30の割合で溶かし、脱脂綿に浸して拭き取るなどしてください。

対策3 アルム石のデオドラントでニオイを抑える
天然アルム石はミョウバンが結晶化したもの。ヨーロッパでは古来から消臭に使われてきた天然素材で、市販のデオドラント剤にも多く使用されています。水で軽く濡らしてから直接肌に塗る固形タイプが主流ですが、クリーム状のものもあります。

●●●

以上に加えて、皮脂腺の働きを活発化させる動物性脂肪は避け、野菜中心の食生活を心がけましょう。また、アポクリン汗腺がワキの下に集中していることから、レーザー脱毛をすると汗をかきにくくなる効果があります。

-
-
counter