Cinderella Girl

INDEX

シンデレラトップ

シンデレラガールインタビュー

若返り!シンデレラ

美人進化論

キレイランキング

目指せ!モテガール

美人進化論 vol.21 “○○ブス”になっていない!?(フェイス編)

トップ > バックナンバー > 美人進化論 vol.21

私たち日本人女性の肌は、キメが細かく美しいといわれています。そのためシワやタルミへの警戒心も高いものの、一方で老化スピードを速めてしまうようなクセや表情を積み重ねていることも……。歳を取るたび自分を好きになれるよう、「ブスの素」とは早めにオサラバしておきましょう!

シワ・タルミの原因をつくる“無意識メイクブス”
-

ばっちりメイクがきまっていても“メイク中の表情やしぐさ”によっては、ブス顔へ一直線!急いでメイクをするときは特に悪いクセが出やすいので、メイク時間に余裕を持つことも大事なポイントです。

マスカラをつける時……上目遣いで額にシワができる
目元をよく見ようとして、鏡を覗きこむのが原因。同時に鼻の下が伸びてしまう人もいますが、こちらはタルミの原因に。見た目にも美しくないので、即やめるべし。

アイラインをひく時……下まぶたを引っ張りすぎる
下まぶたのアイラインは、下まぶたを引っ張りながら描くと上手くいきますが、強く引き下げるのはNG!年齢とともに肌の戻りが悪くなり、タルミやすくなってしまいます。

ファンデーションを塗る時……下方向へこすっている
ファンデーションは軽いタッチで、肌をリフトアップするように“上へ上へ”塗るのが基本!下へこすってしまっては、肌のタルミを促進しているようなものですよ。


イラスト

●●●

イラスト顔には「表情筋」という、表情を作るための筋肉があります。若々しい表情やフェイスラインを保つには、表情筋の流れを意識しながらメイクをすると効果的。

しかし多くの女性は“メイク中の自分の表情”は意識していないため、表情筋に逆らった表情や動きを日々繰り返し、シワやタルミの出現を早めてしまう場合も……!そうならないためにも、メイクは仕上がりだけでなく“途中経過”も大事にしてくださいね。

-
-
表情ブス”は、心のあらわれ
-

いつの間にか撮られた写真に「私ってこんな顔?」とガッカリすることってありますよね。だけど、普段他の人が見ているのは、鏡に笑いかけるような「キメ顔」ではなく、ふとした瞬間に出る表情。そして何気ない表情ほど、その人の内面が出やすいもの……。以下の例に、思い当たることがありませんか?

ムリに笑顔を作っている人……口の周りのシワが必要以上に深い
自分の意思とは別に笑顔を作ると、口の周りに力が入りすぎてシワのもとに。これは口元だけで笑おうとするのが原因。接客仕事が多い人はご用心。

不満や悩み事が多い人……眉間にシワが寄り、口角も下がり気味
他人の悪口を話している時も、同じような表情になることが多いので注意したいところ。印象を悪くしてしまってはソンですから、時には深呼吸して気分をリフレッシュさせましょう。

無表情の人……表情筋を使わないため、タルミやすくなる
無表情だと表情筋が衰えやすく、タルミの進行が早くなる傾向が。暗そうな印象を持たれやすいこともネックポイント。表情筋を鍛えるのには、自然に笑うのが効果的ですよ。


イラスト

●●●

表情とは「感情の表れ」。心がネガティブな時は表情も暗くなりがちなので、そんな時は鏡で自分の顔をチェック!目を閉じてゆっくり深呼吸すると、だんだん心が落ち着いてきます。そうしたら、鏡の中の自分に向かって軽く微笑んでみて。まずは心をリラックスさせるのが、自然な笑顔への第一歩です。

-
-
表情美人で魅力アップ!
-

「私は美人じゃないから魅力がない」と思っている人は少なくありません。ですが、この考え方は大間違い!そもそも魅力のある人とは、好印象を与える人のこと。「表情が明るい」「良い感情を伝えるのが上手」といった要素がとても大切なのです。そうと知ったら、表情を磨かないテはありませんよね?

小ジワ・タルミの悩みはプチ整形で解消 小ジワやタルミが気になるから笑顔は苦手……そんな場合は、プチ整形という選択肢も。額や眉間のシワはボトックス(R)注射、鼻から口にかけてのシワならヒアルロン注射などが有効です。手軽ながら確実に解消できるので、自分に自信が出て明るい笑顔になれますよ。

「あいうえお」ストレッチで表情をリセット!
イラスト筋肉を柔軟にするにはストレッチが大切。もちろん表情筋についても同様です!オススメは、大きく口を開けて息を吐きながら「あ、い、う、え、お」(各5秒ぐらい)のカタチをゆっくり何度か繰り返す方法。筋肉のこわばりがほぐれ、血流もアップするので、朝のメイク前にも試してみてね。

●●●

表情美人は「表現上手」と言い換えることもできそうです。なぜなら魅力的な表情とは「言葉」や「ジェスチャー」とセットになっているもの。鏡を見ながら表情の練習をするのも良いけれど、キレイ、楽しい、美味しいなど、日常のできごとをいかにイキイキ表現できるかも大事ですよ!

-
-
counter