Cinderella Girl

INDEX

シンデレラトップ

シンデレラガールインタビュー

若返り!シンデレラ

美人進化論

キレイランキング

目指せ!モテガール

美人進化論 vol.29 紫外線対策Q&A

トップ > バックナンバー > 美人進化論 vol.29

春先になると目立つ日焼け止め製品のCM。バカンスにはまだ早くても、実はこの時期から紫外線の照射量はグンと増えているのです。さらに日本は南北に長く、四季の変化もあるため、紫外線量の強さや降り注ぐ量は地域によっても異なります。より効果的な対策のためにも、紫外線についてもっと深く知りましょう!

どこまで知ってる!? 紫外線の基礎知識
-

紫外線の種類

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。これらは波長が長い順にA→B→Cと分類されていて、波長が短いほどエネルギーが強く、悪影響も大きくなります。

とはいえ、地上に最も多く届くのはUV-A。UV-Bはオゾン層などで吸収され、地上に届くのは紫外線全体の10%前後。最も波長の短いUV-Cはオゾン層で大部分が吸収されるため、地上には届かないといわれています。しかし、オゾン層の破壊は進行しているといわれており、日焼け対策をしっかり行うに越したことはありません。

イラスト

UV-Aの特徴 ・波長が長いため、大気中ではあまり吸収されない。
・UV-Bより深い部分まで届き、厚い雲やガラスも通過してしまう。
・日焼けすると黒くなる。
・肌のハリに重要な「真皮層」まで届くため、老化を促進させる。

UV-Bの特徴 ・UV-Aより波長が短い=エネルギーが強い。
・日焼けすると赤くなったり、水ぶくれを起こす。
・細胞の核内にあるDNAにダメージを与えやすい。
・大量に浴びると免疫力が低下したり、皮膚ガンになりやすい。

季節や天気で変化する紫外線量

よく「紫外線のピークは5月」といわれますが、これはUV-Aに限ってのこと。さらに言うなら、UV-Aの照射量は、1年を通してさほど大差はありません。その一方、UV-Bは季節や天候、大気の変化が照射量に影響しやすく、7〜8月の真夏は特に多くなるといわれます。

また、晴れた日と比べて曇りの日では7〜8割、雨の日でも2〜3割もの紫外線が地上に届いています。UV-Bについては時間帯によっても照射量が変化し、ピークは午前10時〜午後2時の間。通学や出勤時間に相当する午前8〜9時ごろでもピーク時の7〜8割はあるため、毎朝のUVケアはぜひ習慣にしてくださいね。

グラフ

●●●

紫外線には、ビタミンDを体内で生成するという意外なメリットもあります。ビタミンDはカルシウム吸収に欠かせない成分のため、骨粗しょう症などの予防には効果的。ビタミンDは食事で摂取することも可能ですが、その働きは紫外線を浴びることによって初めて体内で有効になります。

-
-
教えて!紫外線対策Q&A"
-

知れば知るほど「じゃあ、どうすればいいの?」と困ってしまうのが紫外線。今日から使える対策のアレコレ、お教えします!

日傘はやっぱり紫外線防止効果があるの?
A

UV対策用の製品でなくても、頭上の直射光をさえぎるため有効です。ただ、肌に紫外線が当たらないよう、できるだけカラダに近づけて持たないと効果は半減。

色は黒が最も紫外線を吸収しますが、夏場は傘の内側に熱がこもりやすいので、熱さが気になる場合は薄い色でもOKです。

イラスト

紫外線が強い日でも、日陰にいれば大丈夫?
A

日陰なら紫外線を直接浴びることはありませんが、空気中の散乱作用や地表からの反射作用があるので、4〜5割程度の紫外線は浴びてしまいます。

日焼け止めのパッケージに書いてある、SPFやPAって何?
A

SPFは、日焼けすると赤くなるUV-Bの防止効果を表す数値で、上限値はSPF50。PAは、肌の老化を進ませるUV-Aの防止効果を示す目安で、上限値はPA+++。

真夏の晴れた海辺で、日本人が日焼けを起こす標準時間は20〜25分。SPF30なら、目安としてSPF値30×20〜25分=600〜750分の間、UVカットが可能といえます。

しかし実際は汗や水で流れてしまうことも多いので、効果を保つためには塗り直す必要があります。

イラスト

肌に合う日焼け止めがなかなか見つからない……
A

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が使われています。紫外線吸収剤は紫外線を一旦肌に吸収し、それを熱エネルギーに変える化学反応を利用しているため、人によっては肌に刺激を感じることがあります。

それに対し、紫外線散乱剤は肌に当たった紫外線を乱反射させて跳ね返す成分。刺激が低いのが特長です。肌が弱い人は「紫外線吸収剤不使用」「ケミカルフリー」と書かれた、紫外線散乱剤のみの製品を選びましょう。

日焼け止めを塗り直すときは、メイクを落とさないといけないの?
A

低刺激のクレンジングミルクなどでメイクを落とし、日焼け止めを塗り直してから再びメイクをするのが理想的。最近では手軽なシートタイプの専用クレンジングもあるので、日焼け止めと一緒に購入しても◎。塗り直す時間がない場合は、UVカット効果のあるファンデーションを選んで、こまめなリタッチを心がけましょう。

-
-
できてしまったシミもキレイに除去 〜施術例紹介〜
-

加齢による肌の衰えは、女性なら誰でも気になるもの。特に、若い頃に紫外線を多く浴びた肌は、40代前後になるとシミが目立ってきます。

目立つシミも医療の力で除去

若い頃は色も薄く目立たなかったシミも、年齢とともに濃い色になり目立つようになります。美容皮膚科では、ターンオーバーを促進するトレチノイン治療や、メラニン色素を除去する医療レーザー治療などにより、シミを消すことができます。

施術写真

シミ治療後も必要な「紫外線対策」

せっかくシミをきれいに除去したのに、油断をして紫外線に無防備になっていると、またシミができてしまいます。シミ治療後の肌は敏感になっているため、室内にいる時も日焼け止めを塗る、外出の際はできるだけ日傘や帽子でガードするなど、今まで以上に肌を守ってあげましょう。

また、カラダの中からのアプローチも大切。メラニン色素の生成・沈着を抑えるビタミンC(緑黄色野菜やフルーツなど)や、活性酸素を防ぎ、肌の老化を予防するビタミンE(大豆、うなぎ、オリーブ油、ナッツ類など)は積極的に摂りましょう。

その他、シミの元であるメラニン色素はストレスや睡眠不足で増えることもあるため、規則正しい生活リズムを心がけることもポイントですよ。

-
-
counter