Cinderella Girl

INDEX

シンデレラトップ

シンデレラガールインタビュー

若返り!シンデレラ

美人進化論

キレイランキング

目指せ!モテガール

モテテク・ゲッターズモテテク・ゲッターズ

トップ > バックナンバー > モテテク・ゲッターズ vol.4

MISSION 4:「シミはできる前に防ぐ!紫外線対策のコツ」

イラスト


最近多いのが「紫外線対策のコツを教えて」という依頼。シミやソバカスは“モテ肌”の敵、という理由には納得だけど、紫外線のハイシーズンって、まだ先じゃないのぉ〜!?

紫外線対策への無知ぶりを口実に、肌オタクのはるかちゃんから仕事を回された舞ちゃん。河原でのバーベキューパーティーに参加する美白のカリスマを、突撃調査することになりました。

キャラクター紹介

風吹舞 風吹舞
元気がとりえ。色気がないのが悩みだが、ストレートロングは唯一の魅力?
花園麗子 花園麗子
派手な外見ゆえ敬遠されがちだが、実はオクテ。Fカップのバストが自慢!
夢野はるか 夢野はるか
ほんわかした癒し系の優等生。モテるが、好みでない男にばかり言い寄られる。
X月○日 仕事を押しつけられたものの、バーベキューはしっかり堪能
「はるかめ……実は、好みの男子がいないと見抜いて仕事を押し付けたな(ブツブツ)」
(色白の女性が舞ちゃんに日傘を差し出して)
「お貸しするわ。紫外線を浴びすぎては、危険でしてよ」
「もしかして、アナタが“美白のカリスマ”だったりして?」
百合
「ホホホ、よくそう言われますわ。本名は“綾小路百合”(あやのこうじ ゆり)と申しますの。趣味がゴルフだから、紫外線対策には人一倍詳しいんですのよ。ところでアナタ、日焼け止めは塗り直さなくてよろしいの?」
「えっと、実は、塗るの忘れてきちゃったの
百合
大変!! この日焼け止めをお使いくださいな」
SPF30?意外と軽いの使ってるね」
百合
「わたくし肌が弱くって。肌の負担を軽減するにはノンケミカルで軽めのものをマメに塗り直す方がよろしいのよ」
「(日焼け止めを、大ざっぱに顔に伸ばしながら)へぇ〜、いろいろテクがあるんだね」
百合
「耳やアゴ先を塗り忘れてますわ。それに、伸ばし方が雑だとムラになってよ」
「でも今日の紫外線なんて、真夏に比べれば大したことないんじゃない?」
百合
紫外線量のピークは5〜6月ですわ。それにご存知?浴びた紫外線は“シミ・ソバカス予備軍”として、肌の奥に蓄積されてしまうから、対策は通年必要なのよ」
「えーっ!? じゃあ、私の肌、終わってるかも〜!
ひとしきり食べて、飲んで、遊んで、バーベキューパーティーを楽しんだ舞ちゃんでしたが……
百合
「あら?舞さん、日焼けしたみたいに顔が赤くなっていてよ」
「えへへ……さっき暑いから顔を洗ったんだけど、日焼け止め塗るの忘れちゃった!明日から頑張るよ」
「シミはできる前に防ぐ!紫外線対策のコツ」

“SPF”と“PA”について

SPF:
Sun Protection Factorの略。焼けやシミの原因となるUV-Bの防止効果を表す数値。
PA:
Protection Grade of UVAの略。シワの原因となるUV-Aの防止効果を示す目安。「+」の数が多いほど有効(上限値はPA+++)。

真夏の晴れた海辺で、日本人が日焼けを起こす標準時間は20〜25分とされているので、SPF30の製品であれば、目安としてSPF値30×20〜25分=600〜750分の間、UVカットが可能になります。

※日本化粧品工業連合会の統一基準で定められた、SPFの上限値は「SPF50+」。そのため、実際はSPF50より高く作られているような場合は、「SPF50+」と表示されます(PAの「+」とは違う)。

日焼け止めは“塗りテク”で差をつける

イラスト日焼け止めは、塗り残しやすい「耳、アゴ、小鼻、首すじ」、日焼けしやすい「頬骨、こめかみ、鼻、おでこ」をしっかり塗るよう意識して。

ベタつくようなら軽くティッシュオフしても良いでしょう。アウトドアでは、ファンデーションもUVカット効果のあるものを選び、汗や水、皮脂で崩れないよう2〜3時間おきに塗り直すと◎。

やっぱり効く!? ビタミンC

ビタミンCには「メラニン色素の生成を抑える」「コラーゲンの生成を促し、紫外線による肌の老化を防ぐ」などの効果があるといわれています。

吸収の速さでは、コスメより食事やサプリメントなど“内側から”の方が断然上。いちご、レモン、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草などは特にビタミンCが豊富なので、積極的に摂ってみて。

「黒」と「厚手素材」で紫外線を防ぐ!

イラスト紫外線をもっとも吸収する色は黒。白は紫外線を反射させるため、白襟のトップスを着るときは、日焼け対策をしっかりと。

また、木綿・ポリエステル・ウールは紫外線を通しにくく、厚手であるほど効果は高くなるとか。暑い真夏だったら、ガーゼ生地の長袖が着心地バツグン、手の甲までカバーできて便利ですよ。

BEAUTY ITEM 「ウェットティッシュ」はアウトドアの必需品!
アウトドアでは、どうしても日焼け止めがヨレやすいもの。そんなとき、持っていると便利なのが「ウェットティッシュ」。濡れているぶん、普通のティッシュよりも拭き取りがスムーズで、日焼けでほてった肌を沈静する応急処置にも使えそう。
counter